CONSULTANCY

MFD®

JOURNEY, CREATE PHASE
CONSULTANCY

Modular Function Deployment

Modular Function Deployment (MFD) では顧客のニーズ、戦略目標、機能要求を満たす製品アーキテクチャを作成します。

MFDにおいては、各ステークホルダーのバランスを取り、複雑性を抑え、価値創造を促進させる製品アーキテクチャの構築を致します。MFD及び、それに付随する情報モデルによって、エンドカスタマーは自身で製品を組み立てる(コンフィギュレート)ことが可能となり、高い競争力を得ることが可能となります。

”お楽しみ”はここからです。

どのように各ステークホルダーのバランスをとるか?

Modular Function Deployment (MFD) の目標はステークホルダーの意見をバランスよく取りまとめたモジュラー製品アーキテクチャを作成することです。このアーキテクチャによって、製品やサービスのマスカスタマイゼーションが可能となり、複雑性を抑えながら価値創造を促進させることができます。

では、MFDにおけるステークホルダーとは、誰でしょうか。

  • 顧客の声 (Voice of Customer)
  • エンジニアの声 (Voice of  Engineering)
  • ビジネスの声 (Voice of Business)
  • モジュラー化の声 (Voice of Modularity)

顧客の声 (Voice of Customer) は顧客のニーズを満たすために努めている組織、つまり、マーケティング、販売、およびサービス部門を表しています。

エンジニアの声 (Voice of Engineering) は製品やサービスに組み込まれるテクニカルソリューション(機能別サブアセンブリ)の開発と選択に努めている組織、つまり、エンジニアおよび設計部門を表しています。

ビジネスの声 (Voice of Business) は、企業の戦略、業務、財務部門を表します。これらの部門が連携して意思決定し、製品開発プロセスで正しく製品を製造および供給します。

モジュラー製品アーキテクチャへ導く力として、モジュラー化の声(Voice of Modularity)があります。

MFD

MFDでは、各ステークホルダーの声を取得、定量化、文書化するために5つの段階を通して実行されます。この確立された手法ではモジュラー製品アーキテクチャ構築・洗練するために、各活動を反復的に行います。MFDでの分析とガバナンスモデルにより、すべてのステークホルダーの意見のバランスを取り、顧客、製品、サービス、そして人を結び付けることができます。

SUMMARY

MFD®

Modular Function Deployment® (MFD) は製品アーキテクチャを作成する手法の1つです。戦略的ソフトウェアであるPALMA® と組み合わせることにより、製品やサービスのマスカスタマイゼーションを可能にし、組織をつなげるユニバーサル情報モデルとアーキテクチャを結びつけることが可能です。

MFDである理由

  • 複雑性の低減
  • 価値創造の促進

MFDの流れ

5段階のプロセス:

  • 顧客ニーズの明確化
  • 機能及びソリューションへの分解
  • モジュール及びインターフェースのドラフト作成
  • バリエーションとコンフィグレーションルールの定義
  • アーキテクチャのフィジビリティチェック

実績ある手法

私たちModular Management社は20年を超える製品アーキテクチャ構築の経験を持ちます。皆さまのプロセスにおける複雑性の削減、価値創造の促進、それらを実現する為のテクノロジー及びコンサルティングサービスを提供します。