CONSULTANCY

MSAP

JOURNEY, CREATE PHASE
JOURNEY, FORMULATE PHASE

Modular Strategy and Potential

成長ポテンシャルを探る

モジュラー化を推進するためには、まず、収益性やリスク、タイミング等を考慮したビジネスケース・戦略をまとめ上げる必要があります。

Modular Strategy and Potential (MSAP™)では、モジュラー化を実現することによる収益の算出・モジュラー化実現に向けたプログラムの計画立案・プログラムのROIの算出をいたします。

モジュラー化は皆さまのあらゆる部門に効果を及ぼす革新的業務改善プロセスであり、サプライチェーンや生産ライン、マーケット、ITシステム、組織、コスト、収益性の捉え方について再考することになるでしょう。

私たちは、MSAPを実施するに際し、組織全体のリソースを活用することで、モジュラー化による成長ポテンシャルを探ります。成長ポテンシャルについてはマネジメントワークショップにおいて共有します。その場でモジュラー化の為の戦略の合意を得、今後の進め方を協議します。MSAPは、対象製品の範囲およびリソースに応じて、 8〜16週間程かかります。

MSAPは次の5つのプロセスから構成されます。1, 現状分析、2, 戦略と方針の明確化、3, 目標の確立、4, 効果の定量化、5, 計画の策定。詳細についてはお問い合わせください。

MSAP

MSAP™ の手法

1. 現状分析

まずは現状分析として、業務・製品構造の複雑性の原因とその影響を明らかにします。分析は現在のIT環境に加え、財務実績、リードタイム(Order-to-Delivery)や製品開発等のプロセス、組織構造や役割などのデータ収集から始まります。

データ収集に加えて、主要部門の複数のポジションにインタビューを実施し、現状、目標、活動、コスト構造を調査します。また、既存の製品アーキテクチャと市場動向を理解するためのワークショップも実施します。調査結果に基づき、モジュラー化による効果を見ます。企業変革や効果の最大化をするために更に深堀する必要がある点も、ここで見えてくる事でしょう。

2. 戦略と方針の明確化

皆さまのビジョンとミッションを実現する為に、どの市場で、どのリソース・製品で競合に打ち勝っていくか。その為の戦略を策定します。また、戦略を達成するための各部門の方針を定めます。

私たちは、戦略を策定する際、3つの戦略軸を用います。業務卓越性(Operational Excellence)、製品リーダーシップ(Product Leadership)、顧客親密性(Customer Intimacy)の3軸です。業務、製品、市場、財務の状況を総合的に判断し、モジュラー化によって、いかに皆さまの戦略・方針を満たしていくべきか判断いたします。

私たちのモジュラー化戦略は、先に挙げた3つの戦略軸全てを同時に満たす製品の実現を目指すものです。3つの戦略軸を全て満たすことにより、売上向上、収益性改善、そして、持続可能な価値創造を実現させます。

3. 目標の確立

モジュラー化によるメリットは、(1)付加価値のない複雑性によるコスト(間接費)を排除すること、(2)柔軟な製品アーキテクチャによる市場機会の活用、この両方から得られます。

MSAPにおいて重要な要素は、間接費を見積もることです。間接費という概念自体は広く浸透していますが、その定量化や意思決定への利用はあまりなされていないようです。私たちは、実績ある手法と豊富な経験を活用して、人件費、材料費、資本金、販管費などのトータルコストを調査し、既存のアーキテクチャにおけるこれらのコスト・割合を分析します。モジュラー化された製品は、複雑さが提言されているため、間接費も低くなることが期待されます。

MSAPにおいて重要な要素は、間接費を見積もることです。間接費という概念自体は広く浸透していますが、その定量化や意思決定への利用はあまりなされていないようです。私たちは、実績ある手法と豊富な経験を活用して、人件費、材料費、資本金、販管費などのトータルコストを調査し、既存のアーキテクチャにおけるこれらのコスト・割合を分析します。モジュラー化された製品は、複雑さが提言されているため、間接費も低くなることが期待されます。

4. 効果の定量化

モジュラー化は売上向上にも寄与します。上市までの時間やリードタイムを短縮することや、市場に多くの製品バリエーションを投入することによる売上の向上についても、MSAPにて探ります。

私たちは、皆さまと共に適正な複雑度と、適正な市場機会におけるターゲットを設定いたします。このターゲットに基づき、モジュラー化プログラムの推進、モジュラー化による財務的なポテンシャルを推し量ります。皆さまのチームと共に、計画立案及び、計画に必要なリソースを導出します。

5. 計画の策定

モジュラー化による会社の改善可能性を分析するMSAPは、最初のステップにすぎません。本フェーズ(Formulate)以降は、作成(Create)、実装(Implement)、および管理(Govern)のフェーズがございます。

SUMMARY

貴社の改善可能性

Modular Strategy and Potential (MSAP™)では市場の声をベースとしたモジュール戦略を策定します。また、戦略を完遂するための目標・KPIを設定します。そして、モジュール化の実現による収益ポテンシャルの導出、計画立案、ROIの算出を致します。

MSAPの流れ

5段階のプロセス:

  • 現状分析
  • 戦略と方針の明確化
  • 目標の確立
  • 効果の定量化
  • 計画の策定

Modular Strategy and Potential は確かな実績のある立案フェーズです。

CASE

MTS

CONSULTANCY

JOURNEY